粉せっけんの攻略

我が家は洗濯用に、液体洗剤が1つと、粉石けんを2つ用意しています。
b0043751_15185594.jpg

今日は粉石けんの話。

「スノール」はとにかく真白くなるので、シーツとか下着とか白く気持ちよく洗う用。
「やさしいせんたくせっけん」は、粉石けんだけどフローラルないわゆる洗濯洗剤っぽい匂いがするので、娘の学校の給食着とか、外側に着る服を洗う用。

粉石けんは、最初に溶かさなきゃいけないし、むせるし、今まで何度もトライしては挫折してたのですが、最近やっと、これなら毎日続けられる!という方法を発見したので書いてみたいと思います。

まず、洗剤の量を測ります。
b0043751_15185633.jpg

うちは毎日大体同じ水量で洗濯するので、スノールならコップ8分目、やさしい方なら4分目くらい←初めての時だけ袋の記載にしたがって真面目に測りました。

なぜか、コップ計量方式にしてからむせにくくなりました。形状がいいのか、素材がいいのか、理由はわかりません。

あっ、測る前に、洗濯機にお湯をためておきます(うちは洗濯機への水道にお水もお湯も出るようになってます)。
具体的には、「洗い」6分20Lコースにして、回します。
3分くらいしてお湯がたまってくると「じゃっぼんじゃっぼん」とリビングにいても気づくくらいの音が聞こえてきますので、そうしたら一時停止して、粉石けんをザザーっと撒きます。一応、溶け残りをすくってくれるかなということでキティちゃんのプカプカを浮かべます。そして、残り3分くらい回します。
b0043751_15185576.jpg

そうしたら、アワアワになります。
b0043751_15185458.jpg

こうなればあとは洗濯物をドサドサと投げ入れて、洗濯設定をしなおして普通に洗います。

でも今この記事を書くにあたって色々見ていたら、うちにある液体せっけんの「海へ・・・」は5度以上あれば洗浄力下がらないみたいで、前日から漬け置きもできるし、冬はこっちをメインにして、白くしたいときだけ粉せっけんでいいかもしれない。
と気づいてしまった。
[PR]
by ayax0825 | 2016-01-22 15:17
<< 雪の練習 ネティー >>